内容へジャンプ

2020年度最新情報

2021/1/18

2021/1/13

2021/1/6

  • テーマ展示『オリンピック・パラリンピックYEAR!!』

    様々なアスリートが出場を目指してきたオリンピック・パラリンピック。

    去年から持ち越されましたが、今年は開催されることを願って!!

    オリンピック競技の見方、テレビではあまり放送されないパラリンピックの素晴らしさを感じてみてはいかがでしょうか。

2020/12/14

  • 図書館員が薦めるこの1冊『天使のにもつ』

    ちょっと頼りなく、いいかげんな、中学2年の斗羽風汰が、幼稚園に職場体験に行く。

    そこで、子育てが苦手で虐待気味の親子、幼稚園の先生の苦労、子どものかわいさなどを経験する。

    風汰は頼りないけれど、心は温かく優しいところがある。毎日苦労しながら成長してい姿を見てください。

2020/12/7

  • 図書館員が薦めるこの1冊『バルトの楽園』

    今年の終わりももうすぐそこ。

    街中もクリスマスで彩られ、聞こえてくるクリスマスソング。

    そして、年末といえばベートーベン交響曲第九の『歓喜の歌』

    ♪ 晴れたる青空 ただよう雲よ 小鳥はさえずり 

    林に森に 心はほがらか 喜び満ちて 見かわす 我らの明るき笑顔 ♪ 

    きっと歌ったことがあるはず??

    年末には必ず耳にする歌ですが、日本での初演は、第一次世界大戦中、捕虜になったドイツ兵たちが徳島の収容所で演奏したものだったのです。

    辛い中にありながらも収容所所長や徳島の人々の博愛に満ちた物語をぜひ読んでみてください。

    今年はベートーベン生誕250年。

    コロナがなければ、あちこちで演奏会があったんだろうなぁ・・・。

  • テーマ展示『詩を読んでみよう』

    期末テストで疲れた頭をリラックスさせるのに、詩をさらっと読んでみませんか。

    詩なんて分からへん!

    難しく考えなくても、「これ好き!」「分かるわぁ」とか、そこに込められた気持ちが感じられればいいのだと思います。

vvvv

2020/12/1

  • 冬休み貸出のお知らせ

    本日より、中・高校・短大生の冬休み貸出が始まりました。

    小学生は7日(月)より、保護者は14日(月)より開始されます。

2020/11/30

  • 図書館員が薦めるこの1冊『雪の花』

    江戸 末期の福井の町医で、「疫学の父(感染症治療の第一人者)」 笠原 良策さんを御存知でしょうか。

    当時流行した天然痘の治療ワクチンを私費を投げ売って手に入れ、周りの藩医から蔑まれながらも、人々の命を救いました。

    京都で手に入れたワクチンを幼児に接種し、吹き出た膿を別の幼児へ植え継ぎながら、雪嵐を越えて福井へ運んだ「ワクチンの駅伝」には驚かされました。

2020/11/25

  • 『らい★ぶらり』2020/10月26日号発行

    『らい★ぶらり』11月号を発行し中高生全員に配布しました。

2020/11/24

  • 図書館員が薦めるこの1冊『トリガール』

    毎年琵琶湖で行われる「鳥人間コンテスト」

     大学入学と同時に「人力飛行機サークル」に入部した主人公は、パイロットとして鳥人間コンテストを目指す。

     

    一年に一度ほんの少しの時間だけ飛ばす飛行機のためにサークルの仲間がそれぞれの持ち場で協力し考え抜いて作成し、その飛行機を1cmでも1分でも長く飛ばすためにパイロットとして成長していく。

    自転車に乗るのも飛行機に乗るのも初めての主人公の成長が爽やか!!

  • テーマ展示『だまし絵 : よ~く見てみよう!?』

    「だまし絵」(トリックアート)

    次元を超越した錯視芸術家の摩訶不思議な世界、騙されていると分かっていながら、いくら見ても飽きない。

    人間の目と脳は騙されやすくできている。

    よ~く観察して目と脳の運動をしてみよう!!

2020/11/16

  • 図書館員が薦めるこの1冊『熱源』

    故郷を奪われ、生き方を変えられた先住民“アイヌ”。

     北海道のさらに北に浮かぶ島、樺太(サハリン)へ。 

    人を拒むような極寒の地で、時代に翻弄されながら、それでも生きていくための「熱」を追い求める人々がいた。

     明治維新後、樺太のアイヌに何が起こっていたのか。

    【第162回 直木賞受賞作】

2020/11/9

  • 図書館員が薦めるこの1冊『サバティカル』

    長年勤務してきた人へのご褒美休暇がサバティカル。

    無我夢中で働いてきたが、転職を期に休暇期間となった主人公。

    次の会社に入社するまでの5か月の離職期間に、細々したするべきことやこれまでできなかったことなどTo Doリストを作り、実行していく。

    淡々とこなしていく日常、どこか冷めた印象の主人公。

    終盤でその理由がわかります。

    穏やかに流れていく5か月の休暇期間。

    自由に使える時間、何をするかなぁ。

  • テーマ展示『元気メシ !!!』

    今から2400年前、「医学の父」と言われるギリシアの ヒポクラテスは「食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか」「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」という言葉を残しています。

    感染症等に負けないためにも、『どの「栄養」どのように摂っていけばいいのか。』考えてみましょう。

2020/11/2

  • 図書館員が薦めるこの1冊『渋沢栄一を知る事典』

    昨年、2024年に発行される新1万円札の肖像に決まった渋沢 栄一 氏をご存じでしょうか。

    幕臣、維新政府官僚から実業家となり、1869(明治2)年に日本初の株式会社を建て、他にも銀行をはじめ500に上る会社・証券取引所 等を設立し、「近代日本 実業(資本主義)の父」と呼ばれます。

    コロナ禍に揺れる今こそ原点に立ち返って、考えみてはいかがでしょうか。

2020/10/26

  • 図書館員が薦めるこの1冊『チーム』

    箱根駅伝出場を逃した大学から選りすぐりの選手を集めた「学連選抜」。

    チーム競技としての「駅伝」にチームを形成できない「学連選抜」がどう挑むのか?

    それぞれ違う大学から選ばれた各選手のモチベーション、チームに対する思いは?

    予選会からゴールまで一気読み間違いなし。

  • テーマ展示『♪キャンプだホィ♪』

    いい季節になりました。

    コロナウイルスで外出もままならない昨今。

    最近はやりのアウトドアなら問題なしということで、家族や個人でキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    キャンプに行って美味しいご飯を作って気分も爽快!!

  • 『らい★ぶらり』2020/10月26日号発行

    『らい★ぶらり』10月号を発行し中高生全員に配布しました。

2020/10/19

  • 図書館員が薦めるこの1冊『平和のバトン』

    「このままでは原爆のことが忘れられてしまう」と、勇気を振りしぼって話しはじめた被爆体験証言者の記憶を、広島市立基町高校創造表現コースの生徒たちが一年をかけて油絵に描いて記録する、『次世代と描く原爆の絵』プロジェクト。

    平和について考える考えてみませんか!!

    読書感想文 中学校の部 課題図書

2020/10/12

  • 図書館員が薦めるこの1冊『きっと明日はいい日になる』

    誰しも落ち込んだり、大丈夫じゃないのに元気なフリして疲れてしまったり、しんどい思いをすることがあるでしょう。

    タイトルの通り、「きっと明日はいい日になる」そう信じて、ちょっと気を張った力を抜いてみませんか。

    この本には、元気になれる言葉がたくさんあります。

  • テーマ展示『最近、図鑑見た?』

    小さい頃、動物に昆虫、電車や自動車など楽しんだ図鑑。

    大きくなるにつれ、本も重たいし、あまり見なくなったのでは?

    最近の図鑑は写真もきれい。

    ぜひ、パラパラでもめくってみてください。

    へぇ~と思うことがあるかも。

2020/10/5

  • 図書館員が薦めるこの1冊『AI vs.民主主義』

    私たちの意識の総体とも言える「世論」が、AI(人工知能)によって解析・誘導されている!?!

    4年前、直前まで劣勢と見られた現 トランプ米大統領の逆転勝利・今年の2月、国民投票によるイギリスの欧州連合(EU)離脱 等の例が、挙げられています。

2020/9/30

  • 『らい★ぶらり』2020/9月30日号発行

    『らい★ぶらり』9月号を発行し中高生全員に配布しました。

2020/9/28

  • 図書館員が薦めるこの1冊『レンタルなんもしない人のなんもしなかった話』

    一人では寂しいこと、恥ずかしいこと、友達ごっこなどなんでも依頼があれば交通費・食費(実費)以外は受け取らず付き合ってくれる。

    条件は「なんもしないこと」、ただ、一緒にいるだけ。

    いろいろな依頼への対応が私たちの心をほんわかされてくれます。

    世の中にはいろいろな人がいるんだということも気づかされます。

    テレビでも何度か紹介されました。

  • テーマ展示『ゲームと上手にお付き合い!!』

    コロナ禍で自宅で過ごす時間が長くなっているあなた。

    ついついゲームをする時間が増えていませんか?

    一人でするゲーム、家族で楽しむゲーム、ネット対戦するゲーム、ただ、ゲームが好き・楽しいに終わらず「ゲーム」について少し考えてみませんか。

2020/9/14

  • 図書館員が薦めるこの1冊『星やどりの声』

    亡くなった父が残したものは、喫茶店、星型の天窓、絆、そして、奇跡。

    三男三女母ひとりの早坂家は、純喫茶「星やどり」を営んでいた。

    ささやかな一家が出会う、ひと夏の奇跡。

    家族が“家族を卒業する”とき、父の残した奇跡が降り注ぐ…。

    兄弟6人別々の目線から家族をとらえ、最後にひとつにまとまる物語。

2020/9/7

  • テーマ展示『いろいろな資格・検定』

    英険・漢検に限らず、日本には1000以上の資格・検定があります。

    中には、現代社会を生きる上でも参考になるものも多くあり、興味のあるものがあれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

    新たな未来が拓かれるかもしれません。

  • 図書館員が薦めるこの1冊『ひと』

    両親を亡くし、20歳で天涯孤独になった主人公。

    大学も辞め、切り詰めた生活の中、ふと立ち寄った惣菜店でアルバイトをすることに。

    善人過ぎる主人公に、出会う人たちもまた人情味溢れる人ばかり。

    世知辛い世の中、頼れる人がいるのなら頼るのも大事、一人で頑張らなくても大丈夫、心温まる物語です。

    2019年 本屋大賞ノミネート作品

2020/9/2

  • 『らい★ぶらり』2020/9月号発行

    『らい★ぶらり』9月号を発行し中高生全員に配布しました。

2020/8/31

  • 図書館員が薦めるこの1冊『英語と日本語で紹介する寿司ネタの魚がわかる本』

    今から200年前の江戸時代の文化・文政年間、江戸市中に生まれた「江戸前寿司」は、今や日本食の代表とも言われ、世界中で愛されています。

    職人技とも言われる寿司ネタの秘密を英訳とともに見ていくと、英語の苦手な方でも、楽しく学んでいけるのでは…

2020/8/24

  • テーマ展示『Walking』

    今年になってから「コロナ」と「猛暑」で家から出る機会も少なく運動不足になっていませんか?

    これからだんだんと涼しくなる季節。

    少しずつでも体を動かすために「ウォーキング」を始めませんか?

    正しい歩き方を身につけ、ストレスや病気に打ち勝てる体を作ってはいかがでしょうか?

2020/8/17

  • 図書館員が薦めるこの1冊『夏休み子ども科学電話相談』

    夏休みのラジオと言えば大昔から「夏休み子ども科学電話相談」

    子どもたちの素朴で鋭く、かわいい疑問を専門の先生方が上手に分かりやすく答えてくれて、聞いていて飽きないラジオです。

    その楽しい質問・回答を集めたこの本。

    子どもになった気分で読んでみませんか?

2020/8/3

  • 図書館員が薦めるこの1冊『しずかな魔女』

    中一の草子は、学校に行けなくなってしまい、毎日公共図書館に通っている。

    そんな草子に心ない問いを投げかけてくる大人もいる。

    さりげなくフォローしてくれるのが司書の深津さん。ある日ふとしたことをきっかけに、初めて図書館でレファレンスを希望する・・・。

    話すことが苦手なあなた、何か書いてみませんか?

2020/7/27

  • 図書館員が薦めるこの1冊『天下一の軽口男』

    大阪でお笑いが盛んなのもこの男がいたからこそかもしれません。

    上方落語の祖と伝わる米沢彦八の物語。

    彼が活躍した生國魂神社(天王寺区)では、彦八の名を後世に残すため、年に1度「彦八まつり」が開催されています。

    9月開催予定でしたが、今年はコロナ感染症拡大防止のため中止です。

2020/7/20

  • テーマ展示『こんなときだから行ったつもりで旅の本』

    まだまだコロナ感染者が増えてきている状況。

    どこで誰が感染しているか分からない怖さ。

    やっかいな感染症の影響で、夏休みも短くどこかにも行きにくい!!

    ならば気分だけでも“旅”したいをテーマに集めました。

  • 図書館員が薦めるこの1冊『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

    幅広い世界史の流れを1つの流れで捉えようとしたもので、「カタカナが苦手で覚えられない。」と言った方は、一度、Challenge !!してみては、いかがでしょうか。

    意外と「ハマル」かもしれませんヨ…!!!

2020/7/17

  • 『らい★ぶらり』2020/7月号発行

    『らい★ぶらり』7月号を発行し中高生全員に配布しました。

2020/6/29

  • 図書館員が薦めるこの1冊『運命を分けた16の闘い』

    一流のアスリート16人が自分の進むべき道をいかに切り開き闘ってきたかを取材した一冊。

    様々な重圧や困難に立ち向かい結果を出すために努力し続ける姿は、アスリートやスポーツファンだけではなく全ての人に感動を与えるものだと思います。

    コロナの時代に目標を失いかけている人たちにも是非読んでいただきたい1冊!!

  • 『古書配布会』

    『古書配布会』を7月6日(月)~10日(金)まで行います。

    詳細はお知らせをご覧ください。

  • 『雑誌付録抽選会』

    『雑誌付録抽選会』を7月13日(月)~18日(土)まで行います。

    詳細はお知らせをご覧ください。

2020/6/24

  • 『らい★ぶらり』2020/6月号発行

    『らい★ぶらり』6月号を発行し中高生全員に配布しました。

2020/6/22

  • 図書館員が薦めるこの1冊『きみの存在を意識する』

    中2のひすいは本を読むのが深刻に苦手。さまざまな、見えにくい困難を抱える子どもたち。

    どうしたらいいか、彼らは葛藤し、何かをつかんでいく。

    「配慮とは、する/されるの一方通行じゃなくて、両方が一緒になにかするのに必要だから、どちらからも矢印が向かい合っているもの」

2020/6/17

2020/6/15

  • テーマ展示『STOP食中毒!!』

    梅雨入りしました。これからのシーズン気になるのが食中毒。

    いま様々な飲食店でテイクアウト商品を販売しています。

    今まで作っていなかったのに大丈夫??

    夏休みが短くなりました、子ども達のお弁当はどうします。

    後で後悔しない様に、基本的な予防策を知っておきましょう。

  • 図書館員が薦めるこの1冊『卵と小麦粉それからマドレーヌ』

    おいしそうなタイトル。

    とっても平和・・・

    と思いきや、母の爆弾発言で中学生になったばかりの菜穂の日常が突然一変してしまいます。

    仲のいい友達もできて一緒に過ごす時間、母へのちょっとした反発、子ども扱いされるとイラッとするお年頃。

    みんなも共感できるんじゃないかな。

2020/6/12

  • 6月15日(月)より通常開館いたします。

    開館時間

    平 日 8時10分~17時30分

    土曜日 8時10分~15時

    ・入館時にはマスク着用・手指消毒をお願いいたします。

    ・館内での会話はご遠慮ください。

    ・多人数(2名以上)での来館はご遠慮ください。

    ・閲覧室は座席を減らしております。間隔をあけてご利用ください。

    ・館内には消毒用品を常備いたします。閲覧室その他は適宜消毒の上ご利用ください。

2020/6/8

2020/6/1

  • 図書館員が薦めるこの1冊『神様からひと言』

    再就職した初めての仕事でやらかし、お客様相談センター(苦情係)に飛ばされた主人公。

    ストレス解消の苦情ばかりの職場は2ヶ月で辞めるつもりだったが仕事をサボってばかりのベテランの先輩の影響や、自分自身を見つめ直すことで状況が変わっていく。

    さて、「神様のひと言」の神様はどこで出てくるのか?

    この一言が結構効いています!!

  • テーマ展示『楽しく、身になる本の読み方!?』

    本を読むのが面倒で苦手な方!読み方を少し工夫をしてみませんか!!

    速読・遅読・多読に限らず、いろいろな方法で本と付き合ってみると、『これまで見たことも、聞いたこともなかった新たな世界』が拡がっていくことでしょう。

2020/5/29

  • 6月1日(月)~13日(土)まで下記の通り開館いたします。

    開館時間

    平 日 8時30分~17時

    土曜日 8時30分~15時

    ・入館時にはマスク着用・手指消毒をお願いいたします。

    ・館内での会話はご遠慮ください。

    ・多人数(2名以上)での来館はご遠慮ください。

    ・閲覧室は座席を減らしております。間隔をあけてご利用ください。

    ・館内には消毒用品を常備いたします。閲覧室その他は適宜消毒の上ご利用ください。

    ・6月15日(月)以降は通常開館となる見込みです。

2020/5/8

  • 5月11日(月)より下記の通り開館いたします。

    下記事項をご確認の上ご来館ください。

    開館時間 9時~16時

    ・貸出・返却のみとし、館内滞在は概ね30分以内でお願いいたします。

    ・閲覧室・研究室はご利用いただけません。

    ・入館時にはマスク着用・手指消毒をお願いいたします。

    ・館内での会話はご遠慮ください。

    ・大人数(2名以上)でのご来館はご遠慮ください。

    ・館内の蔵書検索機器はご利用になれません。お探しの資料は、職員にお尋ねいただくかご自身のスマートフォン等で検索をお願いいたします。

2020/4/21

  • 医中誌Webへのアクセス情報

    新型コロナウィルス感染症により、学内からのアクセスしかできなかった医中誌Web ( https://search.jamas.or.jp/ ) が学外(自宅その他)からも検索可能となりました。

    ただし、下記期間限定です。

    ~5月31日(日)

    本学教員・学生のみの利用可能です。

    ご利用の際はアクセス用のID・パスワードが必要です。

    図書館で管理しておりますので利用希望される方は図書館 ( hamak@osaka-shinai.ac.jp (濱岡)) にお尋ねください。

    図書館は交代勤務となっておりますので、即答できない可能性があります。

    あしからずご了承ください。

    また、部外者へのID・パスワードの通知はご遠慮ください。

2020/4/9

  • 新型コロナウィルスによる閉館

    新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため大阪府・大阪市・学院の方針により下記の期間閉館いたします。

    4月8日(水)~5月6日(水)

    ただし、状況により閉館期間が延長になる可能性もあります。

    貸出中の資料の返却は5月11日(月)に延長します。

    返却は再開館後、または玄関前返却ボックスにご返却ください。

    ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。

2020/4/8

  • 新型コロナウィルスによる開館・閉館

    新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため大阪府・大阪市・学院の方針により今後も開館・閉館の変更が発生すると思われます。

    4月8日(水)~5月6日(水) 閉館

    返却図書が有る場合は、玄関前に返却ボックスを設けております。

    ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。

2020/4/7

  • 新型コロナウィルスによる開館・閉館

    新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため大阪府・大阪市・学院の方針により今後日々図書館開館・閉館の変更が発生すると思われます。

    4月8日(水) 閉館

    4月9日(木)以降の開館・閉館につきましては、日々ホームページを更新いたしますのでご確認ください。

    返却図書が有る場合は、玄関前に返却ボックスを設けております。

    ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。

2020/4/6

  • 新型コロナウィルスによる開館・閉館

    新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため大阪府・大阪市・学院の方針により今後日々図書館開館・閉館の変更が発生すると思われます。

    4月7日(火) 午前9時~午後4時まで開館

    ただし、長時間(おおむね30分以上)の滞在はご遠慮ください。

    また、研究室(ビデオ鑑賞等)は使用できません。

    4月8日(水)以降の開館・閉館につきましては、日々ホームページを更新いたしますのでご確認ください。

    返却図書が有る場合は、玄関前に返却ボックスを設けております。

    ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。


大阪信愛学院図書館 〒536-8585 大阪市城東区古市2-7-30 TEL: 06-6939-4391(代表) 内線411 FAX: 06-6939-3590
email: lib@osaka-shinai.ac.jp

Copyright (C) Osaka-shinai Library. All rights reserved.