未来につなぐ 信と愛

大阪信愛学院はカトリックの精神に基づく
「一人ひとりを大切にする」教育で、
信頼と愛の心を育み、明るく健全な未来を担う
人づくりを目指しています。

Since1884

Mission

キリストに信頼し
愛の実践に生きる

1884年にフランスの「ショファイユの幼きイエズス修道会」を母体に創立。創立者レーヌ・アンティエが遺した「ひとつの心・ひとつの魂」のメッセージと、人々に奉仕しイエスの愛を証する心は、時代が変わっても不変のものとして学院に息づいています。

Education

幼保から大学まで
未来につなぐ一貫教育

大阪信愛学院は保育園から短期大学までの6校の運営を通じて、「キリストの教えに根ざした教育」「一人ひとりを大切にする教育」「能力の開発を目指す教育」「自己形成を促す教育」「社会貢献への態度を形成する教育」を実践しています。

Chapel

祈りと安らぎの礼拝堂

学院のシンボル・聖堂は、祈りの家として、ミサをはじめ、
チャペルコンサート、ロザリオの祈り、授業、練成会、講演会、研修会などを行っています。