HISTORY 学院のあゆみ

大阪信愛学院は、1884年(明治17年)に設立されたカトリック・ミッションスクールです。
その歴史は、「ショファイユの幼きイエズス修道会」の創立者レーヌ・アンティエが、プティジャン司教の要請に応えて派遣した4人の修道女たちの宣教活動から始まります。

1877

明治10年

4人の修道女がフランス・マルセイユから51日間の船旅を経て来日
神戸で孤児養育を開始 来日した4人のシスター

1884 明治17年

大阪市西区川口町に信愛女学校(通称:川口弐番館女学校)開設
創設者:マリー・ジュスティヌ 創設者 シスター・マリー・ジュスティヌ

1908

明治41年

大阪信愛高等女学校設立(本科4年制、技芸専修科3年制)
初代校長:マリー・ベルナルディヌ

1932

昭和7年

現在地の大阪市城東区古市に移転
新校舎落成 1933(昭和8)年 理化学の授業

1944

昭和19年

附属幼稚園開園

1947

昭和22年

学生改革
大阪信愛学園中学校開校

1948

昭和23年

大阪信愛学園高等学校開校

1951

昭和26年

学校法人大阪信愛女学院に組織変更

1952

昭和27年

大阪信愛女学院小学校開校

1959

昭和34年

大阪信愛女学院短期大学設立 保育科開設
幼稚園から短期大学の総合学院に発展

1982

昭和57年

大阪信愛女学院図書館開館

1984

昭和59年

教育事業創設100周年記念行事を遂行 1960(昭和35)年 高校生が参加した共同募金

1995

平成7年

高等学校新校舎(8階建)落成
総合学園として各校独立棟整備完成

2001

平成13年

大阪信愛女学院短期大学 鶴見学舎開校

2004

平成16年

学院創立120周年記念 聖堂建立
※2005年に第25回「大阪都市景観建築賞(まちなみ賞)」大阪市長賞受賞、第29回「HIROBA 作品賞」近畿建築士協議会賞受賞 学院創立120周年記念聖堂献堂

2009

平成21年

学院創立125周年記念行事「信愛フェスティバル125」開催
大阪信愛女学院短期大学 看護学科開設

2014

平成26年

学院創立130年
大阪信愛保育園開園

2017

平成29年

小学校新校舎落成 小学校新校舎

2018

平成30年

学校法人大阪信愛学院に改称

来日した4人のシスター

創設者 シスター・マリー・ジュスティヌ

1933(昭和8)年 理化学の授業

1960(昭和35)年 高校生が参加した共同募金

学院創立120周年記念聖堂献堂

小学校新校舎